社会から断絶されて収容される場所

いわゆる留置所、拘置所、刑務所

これらの場所に面会に行く時は
面会の極意として

常に笑顔で楽しく話をするようにしている

自分自身入った事はないから詳しくは分からないが

中で笑いかけてくれる人なんて
恐らくいないだろう

スマホもない、大した娯楽もない…
その上自分に笑いかけてくれる人がいない日々って…


絶望感しかなくない?

そう思えば限られた15分、20分の間だけでも
笑顔で喋りかけて
安心して貰いたい

と、そう思ってしまう

罪を犯した人間にそんな事をする必要はない
と思われるかもしれない

しかしいざ自分の身内や大切な人がそういう立場になると罪は罪で償うのは当然だけれども


罪を償って生きていく為に
自分だけは味方でいて、その人を支えていきたい

罪を償う手伝いをしたい

と、そう思ってしまう私は変なのだろうか

変でも何でも良い

これが私なのさ

面会の極意なんて誰の役にも立たないような

ただの自己満足で訳のわからない事を書いてしまった

しかし書く事は私自身のストレス発散のような役割を果たしている

誰かの役に立てるような人間ではないから
仕方がない

人の役にはなかなか立てないが

人様の役に立つ為に
まずは自分自身の心が健やかでいないといけない。

自分の精神衛生を保つ為には
自分の機嫌取りと自己満足が肝心だ。

記事内容に不快さを感じる方も
いらっしゃるかと思うがご容赦願いたい



すっかり春めいてきて
散歩中にオオイヌノフグリを見かけた

優しい淡い色のこの花が好き

こういう何気ない景色を見て過ごせている私は


色々あっても幸せだなぁといつも思う

IMG_0619
IMG_0618