受刑者の元夫からは月に4通しか手紙を出せないので
私や元夫が信頼している後輩チャラ男や先輩、
それから従業員等へ送ると

まあそれぞれ月1通くらいずつなる

こちらからは何通でも送れるので
週一から10日に1回くらいで送っている


久々手紙が来ていたので開けたら

前回の私からの手紙→

コロナになって
大好きなカツ丼を残して以来
カツ丼を食べられなくなった事に関する
終始悲しみにくれているだけの
クレージーな手紙を物凄く心配していました。

そりゃそーだろう。頭イカれたのかと思う勢いでカツ丼を食べられなかった悲しみを綴っていたので心配するのも無理ない。


リリー様、長男次男、ワンちゃんたち

の写真をたくさん送って欲しいと書いてあったので

リリー様に関しては少し美化した写真を送ろうと思う。

どうせ同部屋の奴らと各写真を見て余暇時間に

あーだこーだ
と話題にするに違いないので
多少美化したものを送る事にした。


アプリ様に感謝。


ほんと…刑期10ヶ月のうち4ピン5ピンあたりで8ヶ月くらいで仮釈かなぁ、、

保護司さんからもそのような事を言われたので
そうなのだろう。

先日、年下彼氏は懲役1年と言われたらしいので

まあ控訴して仮に棄却されたとして
そのまま1年くらっても

9ヶ月から10ヶ月くらいで仮釈になるであろう、、

4ピンとは刑期の4分の1、5ピンとは5分の1

後輩チャラ男が言うように
中では時が止まってるんだよねぇ。

チャラ男いわく

中に入ってると

時が止まって、、失って、、
ただただ平日に決められた作業をこなして

外部の様子が何も分からなくて不安で

本の差し入れや手紙や写真を貰う事だけが

ああまだ外部に失ってないものがあるんだ

と実感できる唯一の事で嬉しくて支えになるんだとか。

まあ、罪を償っている途中の奴に支えも嬉しさもへったくれもあるもんか

て感じではあるが。

でもねぇ、人間てそんなに強くないし

それくらいの心の拠り所は許されても良いんじゃないかな

と、甘さを出してしまう、、

誰も味方がいないって辛いよ

それに味方がいる、待ってる人たちがいる

ていうだけでも次はやり直すんだ 
同じ過ちは二度と犯さない

という励みにもなる!

はず。。笑
そうであって欲しい。

仮にも逃げ出さずに然るべきところに収容されて罪を償っている事実があるわけだし

私から言わせりゃ薬も当然悪いし嫌いだ

でも理不尽に子供や動物や立場の弱いものを

虐待したり怖がらせたりいたずらに殺したりする奴はもっと嫌いだ。

動物は…傷つけても大した罪にならないていうのは理不尽だよなぁ

感情がある生き物なのに。

まあ、罪や悪の比べっこをしたって
何もならないんだけどさ

もう最近自分がどこに向かっているのか分からない。

風の吹くまま、気の向くまま生きていたけども

そしてそれを心地よく感じてたけど

風の向くままどころか
暴風に晒され過ぎて
異次元に飛ばされてしまっている気が。

それはそれで

どんなところでも幸せを見つけられる人間になれそうで

…良きか。

元夫のおかげで

割と若いうちに悟りの境地には達していたと思われるが

もう悟りの境地も

何周もランニングし過ぎて

5周くらい回って

悟りの長距離走。

自分の好きな事やってガソリン満タンにしとかないとやってられん。

カツ丼はまだ食べられる気がしないが
トンカツならガッツリ食べられる。

好きなもの食べて気力体力満タン‼︎

私がこんな人生でも
面の皮厚く、太々しく生きていける術さ…

IMG_1346

生きてれば辛い事あるし
どんなに神様に祈ってもどうしようもない事もあるし、

むしろそんな事ばっかりかもしれないけどさ

生きるって死に向かってる上に
更に辛い事一杯ってさ

生きてるだけでどんなに厳しい事なんだよ

生きているだけで毎分毎秒死に向かってるんです


でも死ぬ時に何も悔いはないなぁ
色々あったけど人生楽しい旅だったなぁ

あわよくば、また自分に生まれ変わったりしないかなぁ…


と言える生き様であり、死に様でありたい

リリーは生まれ変わっても、出来る事なら
またリリーでいたい

それくらい自分と自分の人生が大好き

生きる先に必ず死があるならば
どんな状況でも小さな希望や光を忘れない強さを持ってなるべく笑っていられる人でありたい


もちろん笑えない日もあるけど。

転んで痛くて痛くて立ち上がれない時は
寝転がってていい

立ち上がる時に必ず何かを掴んで立つ。
ただでは起き上がらない。

ここぞという時に踏ん張って押し潰されないように

自分をちゃんと許して甘やかして満たそう。

自分を甘やかして満たす事も
れっきとした自己管理です。

誰にもとやかく言われる筋合いはない。

自分の事は自分にしか分かんないだからさ。